どこかにマイルや特典航空券に必要な6000マイルを最短で貯める方法。

今回はJALのマイルを早く手軽に貯める方法についてまとめます。

まだJALマイレージバンクの会員でない方はこちら。入会は無料です。

そして、まずは6000マイルを目指しましょう。

6000マイルあれば、どこかにマイルを1回利用できますし、国内線特典航空券の1区間(片道)なら、通常期はA区間(近距離路線)、ディスカウントマイル期間中はA区間とB区間(東京/大阪~沖縄離島線を除く全路線)に交換できます。

ポイント

東京~福岡線(B区間)もディスカウントマイル期間は片道6000マイルで交換できるので、嵐ジェットに乗ることも可能です。

飛行機に乗って貯めるには

JALグループの飛行機に乗ればフライトマイルが貯まります。
では、6000マイル貯めるには、何回飛行機に乗ればいいのでしょうか?

路線 積算マイル※ 6000マイルに
必要な搭乗回数
東京~大阪 210マイル 29回(14.5往復)
東京~沖縄(那覇) 738マイル 9回(4.5往復)
東京~ホノルル 1916マイル 4回(2往復)
東京~ニューヨーク 3362マイル 2回(1往復)

※国内線は普通席個人割引運賃先得や特便割引など)を利用(積算率75%)、
国際線はエコノミークラス運賃(予約クラスS)を利用(積算率50%)、
として計算しています。

国内線だけではビジネスなどで頻繁に乗る方以外はなかなか到達しません。

国際線ではニューヨーク(パリやロンドンでもOK)なら1往復で足りますが、ハワイやアメリカ西海岸だと足りません。

それに、ニューヨーク線でも期間限定割引の予約クラスQなどでは積算率30%となるため足りなくなりますし、旅行会社のツアーだとマイルが貯まらないものや、JAL便が確約されない(JALマイルが貯まらない)ものもあります。

買い物で貯めるには

買い物する際にクレジットカードで決済すると、そのカード利用でもマイルを貯めることができます。(直接マイルが貯まるカードと、ポイントをマイルに移行するカードがある)

ネットショッピングではeマイルパートナーのような、リンクを踏むとマイルが貯まるお店もありますが、ここでは単純にカードでいくら決済すれば6000マイル貯まるかを考えてみましょう。

還元率はカードによって異なりますが、JALカードのショッピングマイル(通常200円=1マイル)で考えると、6000マイル到達には120万円の決済が必要ということになります。

JALカードではショッピングマイル・プレミアムに加入(年会費の他に3300円/年必要)するるとマイルが2倍、JALカード特約店での利用でもマイルが2倍貯まります。

両方合わせて100円=2マイルとなり、この場合には6000マイルには30万円決済で到達ということになります。

もっと簡単に貯めるには

さて、ここからが本題です。

6000マイル貯めるにはニューヨークまで往復するか、JALカードで少なくとも30万の買い物が必要、ということが分かりましたが、かなりハードルが高いと思われた方が多いのではないでしょうか?

私はこれまで、どこかにマイルを12回利用(=72000マイル必要)してきましたが、そんなにお金を払って飛行機に乗ったり、買い物をしているわけではありません。

つまり、もっと簡単にお金もかからずマイルを貯められる方法があるんです。

それは、ポイントサイトで広告を利用してマイルに交換する、というものです。

ポイントサイトに掲載されている広告を「利用」することで企業からポイントサイトに広告費が支払われ、利用者にその広告費の一部がポイントとして還元されるという仕組みです。

ポイント

広告の「利用」とは、買い物のほか、クレジットカードの発行や会員登録、アンケート回答など、様々なタイプがあります。

おすすめのポイントサイト

ポイントサイトを検索すると、いくつも見つかると思いますが、それぞれ特徴があり、扱っている広告や還元率も違っています。

でも闇雲に登録するよりは、利用するポイントサイトを絞った方がポイントが集約できて目標に届きやすくなるはずです。

では、どのポイントサイトに登録すればいいのかということですが、おすすめはモッピーです。理由は次項で説明しますね。

モッピーについて

私はいくつかのポイントサイトに登録していますが、一番多く利用しているのがモッピーです。

なぜかと言うと、JALマイルへの交換レートがいいのです。少なくとも2ポイント=1マイルで交換できますが、これだけならどこのポイントサイトでもほぼ同じ還元率です。

なんと、モッピーの場合はさらに条件を満たすと12000Pを6000マイルに交換した後、4500Pがボーナスで戻ってくる特典(ドリームキャンペーンのスカイボーナス)があるので、実質7500Pで6000マイルに交換できちゃうんです。

もちろん、運営している株式会社セレスは東証一部上場企業で、すでに10年以上の実績があり、セキュリティ面でも安心して利用できる、という点も大きいです。

モッピーの特徴

モッピーって怪しくない?

モッピーで6000マイル貯めるには

では、具体的にモッピーで6000マイルを得るにはどうしたらいいのでしょうか?

モッピーの2P=JALの1マイルですから、12000P貯めればいいわけです。

今なら2020年7月31日までに入会し、8月31日までに広告利用で5000P貯めると1000Pもらえる紹介キャンペーンが実施されていますので、11000P分利用すれば自動的に12000Pに届きます。

▼こちらからモッピーに登録すると、紹介キャンペーン対象になります。
モッピー!お金がたまるポイントサイト

 スマートフォンから登録をされる場合には、必ず通常搭載されているブラウザ(iOSならSafari)で登録してください。

アプリ内ブラウザで登録をした場合には、紹介が正常に完了しない場合があります。

利用する広告は何でも構いません。高ポイントの広告で一気に貯めるのも良し、100%還元の実質無料案件を何種類かこなすのもいいいでしょう。

まずはどんな広告があるか覗いてみて、その中で自分に合ったものを探してみませんか?

ポイント

お金を使いたくなければ無料でできる広告を、早くマイルに交換したければポイント確定までの時間が短いものを選んで利用しましょう。

ポイント獲得条件は各広告ごとに異なりますので、よく読んだうえで申し込みをしてください。

まとめ

今回は、フライトやショッピングでマイルを貯めるよりも早くて簡単な方法として、ポイントサイトのモッピーをご紹介させていただきました。

モッピーで30分以内に確定する広告を利用して12000P貯めて、6000マイルに交換するのが最短という結論です。(ポイント交換申請からマイル口座反映まで別途時間がかかります)

最後までお読みいただきありがとうございました。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

モッピー!ポイ活応援ポイントサイト

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事
他にもこんな記事があります