今年も那覇でサガリバナが咲く季節になりました。鑑賞会情報のまとめ

昨年はこの時期にどこかにマイルで訪れた沖縄・首里でサガリバナを鑑賞したのですが、今年も那覇でサガリバナ開花の便りが届きました。

47NEWS
夜風漂う甘い香り サガリバナ 那覇で開花 
https://www.47news.jp/3663665.html
 那覇市久茂地のパレットくもじ前でサガリバナ(サワフジ)が咲き始め、白や淡いピンク色の糸状の花が夜の街を彩っている。 サガリバナは南西諸島から東南アジアに分布。ブドウの房のように垂れ下がったつぼみが、 ...

できれば今年も(もう一度どこかにマイルで那覇を引ければ)鑑賞したいと思い、鑑賞会の情報などを調べてまとめました。
→追記:後日どこかにマイルで那覇を引くことができました。こちらの記事にまとめてあります。

サガリバナって何?という方はまず昨年の記事をご覧ください。

2019年鑑賞会情報

今年の那覇市首里で開かれるサガリバナ鑑賞会の日程はこちらです。

6/28(金) 20:00~21:00 国場の集落ガイドツアー
6/29(土)、6/30(日) 19:30~21:30 首里崎山町馬場通り(瑞泉通り)鑑賞会
7/6(土)、7/7(日) 19:30~21:30 末吉公園鑑賞会

ガイドツアーは有料・要申込、鑑賞会は無料で自由に鑑賞可能です。
会場地図など詳細は以下リンク先でご確認ください。

移動には「ちゅらチャリ」が便利

首里は坂が多く、この時期蒸し暑いので歩くのはそれなりに体力も必要です。
レンタカーがあれば便利ですが、鑑賞会も開催される首里崎山町のサガリバナ並木などは駐車場がありません。

そこでお勧めするのが、シェアサイクルの「ちゅらチャリ」です。
要するにレンタサイクルなのですが、電動アシスト付きなので坂道を上るのもそれほど苦になりません。

サイクルポートと呼ばれる貸出拠点が市内各地に点在していて、どのポートで借りて、どのポートで返してもOKですし、24時間営業しているため、深夜や朝方に鑑賞に行く場合は重宝します。

ポイント

首里近辺ではノボテル沖縄と首里北郵便局(首里石嶺町)にサイクルポートが設置されています。

30分単位での課金制なので、ちょっとした移動に使うならバスより便利で安く済みますよ。

あとがき

例年那覇市内では、6月半ばごろからがサガリバナの開花時期で、7月に最盛期となります。

夜に開花して朝方には散ってしまう儚い花ですので、満開の姿を見たい場合は夜遅く、散り際を見たい場合は夜明け前に見に行くのがお勧めです。

今の時期那覇を訪れることがあれば、鑑賞会の日程とはタイミングが合わなくても鑑賞することができますので、ぜひ探してみてください。

どこかにマイルを使って那覇に行ければ理想的ですが、もちろん必ず那覇に行けるとは限りません。
でも少しでも那覇を引き当てる確率を高める方法は過去に実践してうまくいきましたので、参考までにその記事をご覧いただければと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事
他にもこんな記事があります